博物館header2013.jpg

HOME > 展示会・イベント案内 > 過去の展示&イベント > 特別展示2013 > 2013 特別企画展 エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ コンペティション巡回展

日本ポルトガル友好470周年記念行事

「エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ コンペティション」巡回展

EDUARDO SOUTO DE MOURA CONCURSOS 1979-2011

会場の様子はこちらからご覧いただけますLinkIcon

(A案改訂)ソウト・デ・モウラ展ポスター8.jpg↑チラシのダウンロード

会期:2013年10月1日(火)~2013年10月8日(火)
   10:30 〜 16:30(会期中無休)

会場:東京工業大学博物館・百年記念館 1F展示ホール
   Museum & Centennial Hall, Tokyo Institute of Technology

料金:無料

シンポジウム「ソウト・デ・モウラ 空間の質の保存と再生」

Symposium:
Souto de Moura ‒ Preserving Quality of Space and Regeneration

 日時:2013年10月5日(土)15:00ー17:00(14:30開場)
 会場:東京工業大学博物館・百年記念館3Fフェライト記念会議室
 定員:先着約100名(無料)
 レクチャー :アンドレ・カンポス (AJ Arquitectos)
 通訳・対話役:石田 建太朗      (イシダアーキテクツスタジオ)
 パネリスト :齊藤 哲也      (明星大学)
        村田 涼       (東京工業大学)
 モデレータ :遠藤 康一      (東京工業大学)

 この展示会は、今年の6月に東京で開催された「Espaços / エスパッソ ポルトガル空間」と題したポルトガル建築展の巡回展です。
 建築界のノーベル賞と称されるプリツカー賞を2011年に受賞したエドゥアルド・ソウト・デ・モウラ氏の約30年にわたる制作の軌跡を、写真・スケッチ・設計図・模型などで展示します。10月5日(土)のシンポジウム「ソウト・デ・モウラ 空間の質の保存と再生」では、本展のキュレーター、アンドレ・カンポス氏が来日します。

エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ Eduardo Souto de Moura

 1952年、ポルトガル第2の都市ポルトに生まれる。1980年にポルト建築学校を卒業。
 1975年から79年までアルヴァロ・シザのもとで働き1980年に独立。
 主な作品にブラガ市営スタジアム、パウラ・レゴ美術館など。多数の国際的な賞を受賞した後、2011年にプリツカー賞を受賞。 同賞はポルトガル人建築家としてはシザに次いで2人目の受賞。

主催:東京工業大学博物館・世界文明センター・建築学専攻,ポルトガル大使館
協力:イシダアーキテクツスタジオ

問い合わせ:東京工業大学博物館2階事務室
      TEL 03-5734-3340  FAX 03-5734-3348
      E-mail cent.exhibit@jim.titech.ac.jp

日本ポルトガル友好470周年記念行事
「エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ コンペティション」巡回展 展示風景

DSC_1232.JPG

DSC_1236.JPG DSC_1254.JPG DSC_1316.JPG

東工大大岡山キャンパスーその歴史と未来ー

会期:2010年11月4日(木)〜12月3日(金)10:00〜17:00
   (ただし、初日のみ 13:00開場)
   日曜休み/入場無料

LinkIcon詳細へ

フェライトの80年〜東工大とTDK 日本オリジナルの発明が世界的事業に〜

会期:2009年10月13日(火)〜20日(火)10:00〜17:00
   (ただし、10月13日のみ 13:00開場)
   会期中無休/入場無料

LinkIcon詳細へ

坂本一成 建築展『日常の詩学』

会期:2008年10月2日(木)〜21日(火)10:00〜17:00
   (ただし、10月6, 8, 16日のみ 20:30まで開場)
   会期中無休/入場無料

LinkIcon詳細へ

光で拡がるネットワーク ーレーザと光通信ー

会期:2008年7月17日(木)〜26日(土)10:00〜17:00
   会期中無休/入場無料

LinkIcon詳細へ