| 日本語 | English |

  • Facebook
  • note
  • Instagram

電気〜光/通信の先端研究史展示室(2階) 東京職工学校創設〜新制東工大の発展展示室(2階) 篠原一男展示室(2階) 特別展示室A(建築、陶磁器研究、東工大卒業の工芸家作品)(地下1階) 特別展示室B(紡織機械、ロボット研究、ホログラフィー等)(地下1階)

東京工業大学百年記念館貸出スペース 新型コロナウイルス感染症対策変更について

百年記念館貸出スペースにつきまして、本日より新型コロナウイルス感染症対策を講じた上でフェライト会議室の利用定員数を従来の76名(最大100名)といたします。

詳細は、「東京工業大学 百年記念館貸出スペース 新型コロナウイルス感染症対策について」をご覧ください。
なお、今後の社会情勢により変更となる可能性もある事をご承知おきください。


博物館事務室
詳しく見る 東京工業大学百年記念館貸出スペース 新型コロナウイルス感染症対策について(PDF)   LinkIcon
スペース使用案内 LinkIcon
2022/11/15付

博物館・百年記念館 臨時休館のお知らせ

以下の日程は、館内定期清掃が行われるため終日臨時休館致します。

20221121日(月)終日

博物館展示室(2階、地下展示室AB)、フェライト会議室はご利用できません。

*一階生協は通常通り営業いたします。百年記念館の正面入り口は利用できませんので、裏側の生協側の自動扉をご利用ください。

博物館事務室

2022/11/14付

《募集》東京工業大学博物館 x 目黒区教育委員会 連携講座 「液晶が演出する昆虫の美しい翅の色」

昆虫や鳥などの体表には美しいメタリック構造色が見られます。これら構造色は、

色素ではなく構造による分光現象です。その構造を明らかにするとともに、化学、

物理の力で人工的に再生する手法を開発し、光学材料としての応用を試みた研究

を紹介します。身近な生き物の不思議な構造色の世界を探究してみませんか。

博物館事務室
詳しく見る 「液晶が演出する昆虫の美しい翅の色」申し込みフォーム LinkIcon
《募集》東京工業大学博物館 x 目黒区教育委員会 連携講座 「液晶が演出する昆虫の美しい翅の色」 LinkIcon
東京工業大学 LinkIcon
2022/10/15付

<募集>岩石から天然顔料絵具<岩絵具>をつくろう

皆さんは美術館などで「日本画」を目にしたことはありますか?日本画は油絵具やアクリル絵具と異なり、古来から自然の鉱石や土などから作られた絵具(群青、孔雀石など)や膠を使って描かれています。これらは希少価値が高く、今日では人工的に作られた絵具も使用されています。今回、東京工業大学博物館では113日(祝・木)(文化の日)に日本画家の橋本弘安先生をお招きし、身近で拾った岩石などから天然顔料絵具<岩絵具>をつくる体験を通して、絵の具の元である「素材(物質)」の面白さや物質研究について関心を広げるワークショップを開催します。東工大で芸術の秋を楽しみませんか♪

 

<申込方法>(応募期間10/310/17 23:59まで)

QRコード(https://forms.gle/yWZDv5P1bNG4TWuv9)から午前の部、午後の部を選んでお申込みください。

希望者が多い場合は抽選となりますのでご了承ください。

抽選結果:1020日(木)(メールにてご連絡致します。)

 

開催日:2022113日(祝・木) 

時   間:午前の部:10:30-12:30 (受付:10:00-

     午後の部:14:00-16:00 (受付:13:00

対  象:小学校4年〜(親子で申し込みの際は1家族1グループとしてお申込みください)

定  員:20

会  場:東京工業大学博物館・百年記念館(東京都目黒区大岡山2-12-1)

最寄り駅:東急目黒線・東急大井町線大岡山駅徒歩1

*軽作業を行いますので、<動きやすい服><汚れてもいい服>でお越しください

*新型コロナウイルス蔓延防止のため、マスクの着用でご参加ください

*その他、イベントご参加の際は当館が定める新型コロナウイルス蔓延防止の対策にご理解くださいますようお願いいたします。


詳しく見る 岩石から天然顔料絵具<岩絵具>をつくろう申込みフォーム LinkIcon
東京工業大学HP LinkIcon
<募集>岩石から天然顔料絵具<岩絵具>をつくろう LinkIcon
2022/10/03付

ミニ企画展示

生誕150周年記念 板谷波山展

今年生誕150周年を迎えた板谷波山(1872(明治5)-1963(昭和38))は陶芸家として初の文化勲章を受章し、「彩磁」「葆光彩磁(ほうこうさいじ)」で有名な陶芸家です。あまり知られていませんが、波山は1903年に東京高等工業学校(現、東京工業大学)窯業科の嘱託となり、1913年に同校を退職するまで平野耕輔教授と共に新製マジョリカの研究・試作を行い、自らの窯を建設しながら後世の教育に努めました。波山誕生150周年を記念して、波山が東京高等工業学校時代に自分が作ったことを明記した珍しいマジョリカをはじめ、東京工業大学が所蔵する新製マジョリカの作品を展示します。「彩磁」や「葆光彩磁」とは異なる鮮やかな色彩で描かれる新製マジョリカの世界を是非ご覧ください。  

展示期間 2022 年 10 月 3 日 ( 月 )~2023 年 1 月 31 日 ( 火 ) /土日祝日を除く
開館時間 10:30 - 16:30 /入場無料
展示場所 東京工業大学博物館 百年記念館 地下 1 階特別展示室 A



博物館事務室
詳しく見る 生誕150周年記念 板谷波山展 LinkIcon
2022/10/03付